とある確信と想起、そして過去との決別。或いは人生との?

自分の中には教義のような重たいそして確かな思いがあってそれはいつか勃つという確信めいたものです。いつも夢にまで見ていますが心の中では勃起しています。言ってみればこれはイメージトレーニングと言って過言ではありません。また食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)は過酷を極めていて努力というより修行です。そんな荒行の日々を送っていますが一度も勃つことはありませんでしたが。現状、私の数少ない希みというのは子供の存在です。子供が大聞くなっていくことが希望であり自分も親なんだなと思います。ですが子供はどうも懐いていなくワガママばかり言っています。もしかしたら私は子供から裏切られるのでしょう。近頃は子離れが難しい親ばかりということですが自分も沿うならないように気をつけています。私が妻によく言われているのはこの種無し野郎だ沿うです。とても残酷な話ではないかと思いますよね!?私も一生懸命に家族のためにしごとをしているのにすごく苦しいです。でも私と嫁はすごく年齢が離れているのでこうなったのではないかと思います。結婚するなら同年代の方が最高だというのはどうもこの歳になって分かりました。元気を出すためにすっぽん料理をディーナーにしました。その結果ですが余り効果の程が見られませんでした。夜の元気が無い時にはこれが良い!というのは眉唾ですね。次に奥さんが買ってきたまむしドリンクを飲みました。ですがこちらもほぼ変化は無かったです。訳もなく関係ない話になっていますが立ち上がれない話でしたよね、失礼しました。それは沿うと近々も風俗に行ってきてふにゃちんを慰められました。これはこれで悲しいことだなと自覚しています。きっと諦めきれなくて無駄なことばかり続けているのでしょう。周囲からは諦めろと言われているのですがそれも沿うだなと思います。朝に元気がないのでこれは終わったなと思います。勃たないのでパートナーに迷惑を掛けることもあります。かつてはいわゆる不倫をしていて嫁以外にも抱いていました。その頃はピンコ勃ちでありあの頃が懐かしいです。今のところは治る気配もなく投了したところなのです。最近夜の元気がないというか一切ありません。これについては最近ということではなくすごく前からなのです。訳は業務が多いということや営業先で会食することが増えているからでしょうか。この頃は業務で飲むことは増えていないですが仲間と会食することが多いですね。酒を飲んだ後に帰りますとシャワーは浴びますがそのまま寝ます。セックスをしない夫婦が幾らいるのか探索してみました。そこで見たのは年代で違いは大きいです。調べたデータについては自然かなと思えました。調査内容からは世の中の半数以上はセックスがない婚姻関係です。その起因とはしごとが激務、出産後面倒だという話です。セックスしなくなると夫婦の付き合いは違ったものになります。私としても沿うで他の夫婦間も沿うなのでしょう。確かに夫婦間というのはセックスありきではないでしょう。他にも子供のことや住宅ローンのことなど要素は多くあります。ただしかしセックスのない感じだと夫婦関係は破綻していて最も親しい同居人に近いかも知れません。インポになってしまって飛び降りたいのは考え過ぎでしょうか?しかしながら人生が終わったかのような錯覚にとらわれているのです。周囲の人達は軽視していますがもう死んでもいいと思いました。EDになったことで何もかも嫌になりました。落ち込んでいるので田舎でひっそり暮らしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です